新たに生成されるビットコインを得るための採掘作業

採掘作業のやり方

ビットコインの世界では、全ての取引内容が暗号化された上で記録されるブロックチェーンと呼ばれる大福帳を生成するために、難易度の高い課題を解いて正答を得なければならない仕組みになっています。
新たなブロック(ページ)は10分毎に生成されるので、この間に最初に課題を解いて答えを見つけられた人に報酬として新たなコインが与えられます。

新たなブロックを生成するために課題を解く作業は、「採掘」と呼ばれています。採掘作業とは、パソコンなどの計算機を用いて課題に対する答えを見つけ出すことです。採掘作業のやり方ですが、ネットに接続したパソコンに専用のソフトウェアをインストールしてプログラムを実行させます。

放置しておけば計算機が勝手に答え探しの計算をしてくれます。もしも正答を得ることができれば報酬が貰えますし、できなければ何も得られません。採掘はパソコンのCPUやゲーミングパソコンに搭載されているグラフィックボード(GPU)を利用する方法があります。他にもビットコインの採掘専用に開発されたチップやハードウェアを利用する方法もあります。

世界中で採掘作業を行う採掘者が多くなればトータルの計算能力が高くなります。
このため、全世界で10分に1度の頻度で課題の正答が得られるように難易度が調整されます。ビットコインは難易度が非常に高いので、普通のパソコンのCPUでは容易に答えを見つけて報酬を得ることができません。

マイニングに参加する方法

ビットコインを含めた仮想通貨は、暗号化された新たなブロックを生成するために課題を解く作業(マイニング)によって送金手続きや不正防止のチェック作業が行われます。
マイニングを行う方法はソロマイニングと、プールマイニングの2つの方法があります。

ソロマイニングは個人でパソコンやGPU、専用のハードウェアなどを利用して計算作業を行う方法です。
ただし、ビットコインのマイニングは世界中に多くの採掘者がいるので難易度が非常に高く、個人では容易に報酬を得ることができません。

複数の人がグループでマイニングを行えば、答えを見つけ出して報酬を得られる可能性が高くなります。
グループに参加して自分のパソコンの計算能力の一部を提供し合い、報酬が得られた際にそれぞれの計算量に応じて配分するプールマイニングと呼ばれる方法があります。

プールマイニングはインターネットの検索サイトで“bitcoin mining pool”などのフレーズで検索してグループを探します。
グループを見つけたら登録を行い、専用のソフトウェアをパソコンにインストールして作業を行います。

いずれの方法も計算するための電気代がかかるため、日本を含めて電気料金が高額な地域であれば赤字になってしまいます。

そのため、電気料金が安いインドネシアや中国などで盛んに採掘が行われています。

換金をするときに税金は関係してくるか

ビットコインの換金

世の中には、たくさんの仮想通貨といわれるものがあります。仮想通貨は、私たちが日常的に手にしている電子マネーもこれにあたります。
電子マネーに関しては、そのカードにお金を入れてそれを持ち歩くという形になりますので、お金の形は目に見えないものの、カード自体は形として存在しています。

ですがビットコインは異なります。そもそも形がありません。インターネット上にあるものですので形を確認することができないのです。これはメールを形として確認できないのと同じです。画面に表示されていますが、手に取ってさわることはできません。
このように電子マネーとは少し異なる一面がありますが、基本的には似た部分も多いです。

ビットコインを取得するためには、取引所において取得する必要があります。このとき税金などを支払う必要がありません。取得するときにはIDが必要になりますが、そのIDは当然、転載禁止になるでしょう。

コインを取得することができれば、その分所得をためることもできます。

もともとこのコインは投資としての役割があるからです。これから価値が上がるのであれば購入した方がよいでしょう。

増やすためにはどうしたらいいか

仮想通貨であるビットコインは、取引所で取引きをすることで増やすことは可能です。

ただし、その分現金で購入するわけですので現金は減ってしまいます。では、現金を減らさずに増やす方法はないでしょうか。これに関しては採掘をすることによって増やすことが可能でしょう。

ビットコインは、マイニング、つまり採掘によってブロックの中から出せば増やせるのです。おそらくほとんどの人がこの意味がよくわからないのではないでしょうか。
インターネット上の仮想通貨になりますので、スコップを持って採掘をするわけではありません。

これはあくまでたとえ話です。実際は、暗号を解読することによってビットコインを手に入れることができます。例えばある人が別の人に対してビットコインを支払う場合に、それが本物であるということを誰かが承認しなければなりません。

この承認作業のことを採掘と呼んだりします。承認作業はわりと難解で、特殊な暗号を解読しなければならないのです。

これを解読した結果、そのお礼としてビットコインを手に入れることができるということです。

採掘を効率よくおこなうための方法とは

ビットコインの採掘を効率よく

ビットコインを所有している場合、現金を所有しているのと同じになりますので、外国などではビットコインが使えるお店に行って買い物をすることができます。

基本的に、取引き所において通貨と交換をする必要があります。通貨に交換した後はあとはインターネット上のお金ということで仮想通貨になるのです。
つまりさわることも見ることもできません。
その価値をあらわす具体的な数字がそこにあるだけで、現物を目にすることができないため、パソコンに詳しくない人は信じられないしょう。

ビットコインを手に入れるためには取引きをする以外にもマイニングして採掘をすることが必要です。

そもそもこのマイニングや採掘は一体何のことでしょうか。

これについては、実際にスコップで採掘をするわけではありません。
インターネット上でお金があるだけですので、あくまで抽象的な内容なので、なかなかわかりにくいのです。

もし、コインをマイニングすればりつけた人がビットコインをもらうことができるでしょう。

このようにして、取引き以外でも手に入れる方法がマイニングということです。

マイニングで手に入れ通貨に交換をする

ビットコインでマイニングをすると、ビットコイン通貨を手に入れることができますが、そもそもこの通貨自体は量が決まっています。

ビットコインは2100万コインという形で量が制限されているのです。つまり採掘をする場面でも、必ずたくさんのコインを手に入れることができるわけではありません
採掘自体が非常に難しい場合もあるのです。

コインの数が2100万よりはるかに少なければ、数を制限したりやしませんので、採掘することで一定のコインを手に入れることは十分可能です。ですが、2100万コインに近い場合には、採掘してもその量が制限されてしまうわけです。

なぜこのように自主規制をしているかといえば、例えば日本を円のように中央銀行である日本銀行は管理しているわけではないからです。
日本銀行の場合は日本を円を中心的に取り扱っています。

これに対してビットコインを取り扱う人はいないため、勝手に次々に発行してしまえば問題になってしまいます。

そこで皆がビットコインの採掘に加わり、全員が客観的な視点で不正がないかどうかを確認するというわけです。