換金をするときに税金は関係してくるか

ビットコインの換金

世の中には、たくさんの仮想通貨といわれるものがあります。仮想通貨は、私たちが日常的に手にしている電子マネーもこれにあたります。
電子マネーに関しては、そのカードにお金を入れてそれを持ち歩くという形になりますので、お金の形は目に見えないものの、カード自体は形として存在しています。

ですがビットコインは異なります。そもそも形がありません。インターネット上にあるものですので形を確認することができないのです。これはメールを形として確認できないのと同じです。画面に表示されていますが、手に取ってさわることはできません。
このように電子マネーとは少し異なる一面がありますが、基本的には似た部分も多いです。

ビットコインを取得するためには、取引所において取得する必要があります。このとき税金などを支払う必要がありません。取得するときにはIDが必要になりますが、そのIDは当然、転載禁止になるでしょう。

コインを取得することができれば、その分所得をためることもできます。

もともとこのコインは投資としての役割があるからです。これから価値が上がるのであれば購入した方がよいでしょう。

増やすためにはどうしたらいいか

仮想通貨であるビットコインは、取引所で取引きをすることで増やすことは可能です。

ただし、その分現金で購入するわけですので現金は減ってしまいます。では、現金を減らさずに増やす方法はないでしょうか。これに関しては採掘をすることによって増やすことが可能でしょう。

ビットコインは、マイニング、つまり採掘によってブロックの中から出せば増やせるのです。おそらくほとんどの人がこの意味がよくわからないのではないでしょうか。
インターネット上の仮想通貨になりますので、スコップを持って採掘をするわけではありません。

これはあくまでたとえ話です。実際は、暗号を解読することによってビットコインを手に入れることができます。例えばある人が別の人に対してビットコインを支払う場合に、それが本物であるということを誰かが承認しなければなりません。

この承認作業のことを採掘と呼んだりします。承認作業はわりと難解で、特殊な暗号を解読しなければならないのです。

これを解読した結果、そのお礼としてビットコインを手に入れることができるということです。

所得税等の税金は掛かるのか

ビットコインによる利益に税金は掛かるのか

最近では段々知名度も上がってきた仮想通貨、ビットコイン。そんなビットコインで得た利益に所得税は課せられるのでしょうか。

まず、仮想通貨の売買において日本国は「通貨ではなく物として扱う」ことを公式に発表しています。物の売買による収入は譲渡収入(譲渡所得)となり、常に価格の変動が起こる貴金属市場と似た扱いになるのです。

しかしながら社会に大きな衝撃を与えたマウントゴックス事件の判決では、ビットコインに明確な所有権を持つ人は存在しないという判断が行われました。

まだ法的にグレーゾーンの多い仮想通貨では立場によって意味や解釈が変わることが多くあります。

また、譲渡収入において大切なのが特別控除枠です。特別控除枠とは、譲渡収入が500,000円以下の場合には納税義務が免除されるというもの。ビットコイン以外の譲渡収入も合計しての計算となりますが、覚えておいて損はありません。

ただし譲渡収入の総額が50万円を少しでも超過してしまうと途端に特別控除枠が無効になってしまいます。
その時は課税の対象になるので注意が必要です。

マイニングによる所得

ビットコインを初めとした仮想通貨の価値を保つ仕組み、マイニング。あたかもレアメタルの鉱山のような役割を持ちます。

マイニングでは新たな仮想通貨というレアメタルをコンピュータというツルハシで「掘り出す」ため、先述の譲渡収入に関する規則は適用されません。

この場合は「対応する法律や決まりが存在しないため、通常の給与収入と同様に申告が行えるのではないか」という考えが通説として定着してきました。
しかしマイニングの特異性や優れた換金性から、これに異論を唱える人も数多く存在します。一刻も早い法整備が求められます。

一方、消費税に関しては「非課税」とする方針で調整に入ったようです。

今までは物として扱われてきたために消費税率が常に取引に付きまといました。既存の枠にとらわれないビットコインは、現金や株式、外国通貨のような役割を果たすことは出来ないと考えられてきました。

しかし仮想通貨を新たな価値保存のツールととらえる事が出来れば今後の発展や普及、取引の活発化が期待出来ます。

まだ現在は調整中ですが、新たな時代の幕開けだと言えるでしょう。

採掘を効率よくおこなうための方法とは

ビットコインの採掘を効率よく

ビットコインを所有している場合、現金を所有しているのと同じになりますので、外国などではビットコインが使えるお店に行って買い物をすることができます。

基本的に、取引き所において通貨と交換をする必要があります。通貨に交換した後はあとはインターネット上のお金ということで仮想通貨になるのです。
つまりさわることも見ることもできません。
その価値をあらわす具体的な数字がそこにあるだけで、現物を目にすることができないため、パソコンに詳しくない人は信じられないしょう。

ビットコインを手に入れるためには取引きをする以外にもマイニングして採掘をすることが必要です。

そもそもこのマイニングや採掘は一体何のことでしょうか。

これについては、実際にスコップで採掘をするわけではありません。
インターネット上でお金があるだけですので、あくまで抽象的な内容なので、なかなかわかりにくいのです。

もし、コインをマイニングすればりつけた人がビットコインをもらうことができるでしょう。

このようにして、取引き以外でも手に入れる方法がマイニングということです。

マイニングで手に入れ通貨に交換をする

ビットコインでマイニングをすると、ビットコイン通貨を手に入れることができますが、そもそもこの通貨自体は量が決まっています。

ビットコインは2100万コインという形で量が制限されているのです。つまり採掘をする場面でも、必ずたくさんのコインを手に入れることができるわけではありません
採掘自体が非常に難しい場合もあるのです。

コインの数が2100万よりはるかに少なければ、数を制限したりやしませんので、採掘することで一定のコインを手に入れることは十分可能です。ですが、2100万コインに近い場合には、採掘してもその量が制限されてしまうわけです。

なぜこのように自主規制をしているかといえば、例えば日本を円のように中央銀行である日本銀行は管理しているわけではないからです。
日本銀行の場合は日本を円を中心的に取り扱っています。

これに対してビットコインを取り扱う人はいないため、勝手に次々に発行してしまえば問題になってしまいます。

そこで皆がビットコインの採掘に加わり、全員が客観的な視点で不正がないかどうかを確認するというわけです。

チャートを見て取引をすることができる

FXのように投資

ビットコインというのは取引されている市場があり、ドルなどと同じように投資をすることが可能です。

チャートもあり完全にFXと同じように取引をすることができるので、買いだけでなく売りからでも入ることができます。
ドルと違うところとしてはボラティリティが大きく、短期間でその価値が何倍にも何分の一にもなりうるということがあるので注意が必要です。

例えばドルの場合には対円で数パーセントも動けば暴落暴騰とされますが、ビットコインの場合には数十パーセント場合によっては数百パーセント違い値動きが発生することがあるだけに注意をしなければ予想外の大きな損失を出してしまうおそれがあるというところにあります。

ビットコインの取引も信用取引で行なうことができるので、自己資金を超えるお金を動かすことができるため、大きく儲けることができる可能性がある一方で、自己資産を超える損失を出してしまう恐れもあるので、値動きが激しいということを理解しながら資金管理を徹底して行わなければ致命的な損失を出してしまうおそれがあることを頭に入れて取引しなければなりません。

仮想通貨のFXと考えるとわかりやすい

ビットコインを取引するときには、仮想通貨と一般の通貨の交換をしているFXだと考えればわかりやすいものとなっています。

仮想通貨と言う言葉に惑わされると一体何を取引しているのかとわかりにくくなってしまうものですが、FXと一切変わりなく通貨の交換をする金融商品だと考えると他の通貨と何一つ変わらないということが理解できます。

ビットコインは誰かに価値が保証されているわけでもありませんし、それ自体が価値を持たないものであるためなぜ取引が成立するのかと思ってしまいがちですが、世界には信用できない通貨というのも少なくなく、そのような通貨を使用している人からすれば多くの人が価値があると考えているビットコインは自国の通貨よりも信用できるというケースがあります。

ドルや円のように信用のある国であればともかくとして、いつデフォルトが起きるかわからない国の資産家というのはビットコインを信用のある資産として考えているので投資をしてくる人がいます。

そのため、扱いとしては仮想通貨であっても普通のFXと何ら変わりないものとなっているのです。

採掘者・XXX39を例にして見る流れ

ビットコインの流れ

ビットコインは中央管理者を通さず、複数の作業者に運営されている暗号通貨です。

この作業者は採掘者とも呼ばれ、彼らの働きが信頼性の担保に繋がり、新たなコインを生み出す役割も果たしています。

こうしたシステムはブロックチェーンと呼ばれ、金融業界においても大きな注目を集めているのです。そして採掘者が複数にわたる以上、やり取りする取引内容に誤差が生じることがあります。それをどうやって是正していくのかが、この仕組みの肝といえるです。

ここに、 XXX39という採掘者がいたとして話を進めます。新規の取引が通知されると、参加者はデーターベースにアクセスして、それが適正かどうかを判断します。

その中で、最初に正解を導き出したものが、データベースを更新できる権限を持つことができます。
XXX39が名乗りを上げれば、あとの人間は、それが正しいかどうかを確認するだけになります。そして XXX39だけが、報酬として新たに発行されたビットコインを得ることができるのです。コインの発行は、この作業においてのみ行われます。こうした理由から、データベースの照合と更新は、採掘に例えられているのです。

採掘時に取引データをブロック化する理由

ブロックチェーンというと、なにか外部からの干渉を防ぎ止めるようなイメージがあります。
しかし実際には、ビットコインにおける取引データをひとまとめにして、やり取りすることを指します。コンテナに複数の品物を詰め込んで、多くの人の手で運ばれるようなものです。

ではなぜ、暗号通貨のデータを、個別ではなく、ひとまとめにして処理するのでしょうか。

それは、作業時の負荷軽減にあります。ビットコインのブロックチェーンでは、1回の取引を、複数の採掘者が確認します。そして更新権限を得て、他の人が同意し、報酬を発見者が得るという、いくつかのプロセスが必要です。これを個別に処理していたのでは、時間もコンピューターへの負担も、大きくなってしまいます。

そうなると、安定した運営ができなくなり、コインのやり取りにも時間がかかってしまいます。

そこで、1度に複数のデータをまとめ、また、改ざんを防止する処理も同時に行うことで、合理性と安全性を高めているのです。ビットコインが世界中で用いられているのは、システムの確かさが認められているからです。これからも、暗号通貨の代表格として、存在感を示していくでしょう。