ビットコインの価格変動の要因とは

変動が起きやすいビットコイン

注目の仮想通貨といえばビットコインですが、これは価格変動が起きやすい金融商品です。ビットコインは独特の性質をもっているので実態のないものとなっています。普通の紙幣や硬貨と違い発行されている数に限りがあるのです。上限以上のビットコインは発行されないため、大量生産で市場に多くのお金が流れ出ることもありません。
数が限られているだけに市場価値は高く価格変動が起きやすいです。また振り幅も大きくマイナスを記録していても、次の瞬間には100万ドルやそれ以上の価値になる可能性も秘めています。一人の買い手が多くのビットコインを買い付けた場合市場にある商品は数が少なくなるのです。これにより価格変動が起きます。逆にビットコインがたくさん売られてしまうと価値は下がってしまうのです。
人の信頼性により成り立っているのがビットコインの本質なので、プラス要因になる情報があれば価値は一気に上がります。ビットコイン以外にも競合する仮想通貨がたくさんあるのです。それだけ仮想通貨が主流化しているので市場がどんどん盛り上がればビットコインの価値も増していきます。これが価格変動を呼び起こす要因です。

ビットコイン1BTCの取引価格の推移について

国内でも多くの取引所があるビットコインは誰でも気軽に購入できる金融商品です。クレジットカード決済にも対応しているので投資もしやすいといえるでしょう。ビットコインはBTCと呼ばれる単位で販売されています。1BTC取引価格の推移は値動きが大きく、ネット上のチャートを見てもその浮き沈みの激しさを伺えるのです。
実際2009年以降はあまり変動がなかったのですが、2011年から徐々に変動幅が目立ってきます。2013年になると一気に価格が上昇し、その後下落2017年にはまた急激な上昇を見せているのです。基本的に需要で成り立っているものなのでたくさん買う人が入れば価値が高まります。
価値を上げたいのであれば取引所に行き、たくさんのビットコインを買うと良いです。たくさん持っていても困るものではなく、現在リアル店舗でビットコインを使えるサービスが増えています。またボタンを押すだけでビットコンを無料で手に入れる事ができるサイトもあるのです。入手できる数は少ないですが、それでも利用者が多ければ少なからず推移に影響が出ます。
ネットを利用して始値や終値を確認しながら資産運用を行いましょう。

admin