ビットコインの換金をするときに税金は関係してくるか

ビットコインの換金

世の中には、たくさんの仮想通貨といわれるものがあります。仮想通貨は、私たちが日常的に手にしている電子マネーもこれにあたります。電子マネーに関しては、そのカードにお金を入れてそれを持ち歩くという形になりますので、お金の形は目に見えないものの、カード自体は形として存在しています。ですがビットコインは異なります。そもそも形がありません。インターネット上にあるものですので形を確認することができないのです。これはメールを形として確認できないのと同じです。画面に表示されていますが、手に取ってさわることはできません。
このように電子マネーとは少し異なる一面がありますが、基本的には似た部分も多いです。
ビットコインを取得するためには、取引所において取得する必要があります。このとき税金などを支払う必要がありません。取得するときにはIDが必要になりますが、そのIDは当然、転載禁止になるでしょう。コインを取得することができれば、その分所得をためることもできます。もともとこのコインは投資としての役割があるからです。これから価値が上がるのであれば購入した方がよいでしょう。

仮想通貨であるビットコインを増やすためにはどうしたらいいか

仮想通貨であるビットコインは、取引所で取引きをすることで増やすことは可能です。ただし、その分現金で購入するわけですので現金は減ってしまいます。では、現金を減らさずに増やす方法はないでしょうか。これに関しては採掘をすることによって増やすことが可能でしょう。ビットコインは、マイニング、つまり採掘によってブロックの中から出せば増やせるのです。おそらくほとんどの人がこの意味がよくわからないのではないでしょうか。インターネット上の仮想通貨になりますので、スコップを持って採掘をするわけではありません。これはあくまでたとえ話です。実際は、暗号を解読することによってビットコインを手に入れることができます。例えばある人が別の人に対してビットコインを支払う場合に、それが本物であるということを誰かが承認しなければなりません。この承認作業のことを採掘と呼んだりします。承認作業はわりと難解で、特殊な暗号を解読しなければならないのです。これを解読した結果、そのお礼としてビットコインを手に入れることができるということです。