実績と経験のあるファンドを選ぶことが大事

実績と経験のあるファンドを選ぶ

最近注目されているビットコインは、日本では2014年に取り扱う中小業者が破綻したことで、初めてその名前を聞いたことがある人も少なくないのではないでしょうか。
2013年にピークをつけた価格は、2014年以降下落を続けていましたが、徐々に上昇して現在は上昇傾向となっています。最近は、ビットコインの上場申請が行われるなど、投資するための環境が整いつつあります。
ビットコインのメリットは、中央銀行が存在しないため、一般の通貨のようにその価値を担保しているわけではなく、ネット上に存在する不特定多数のユーザーが、その価値や存在証明を、ブロックチェーンによって担保しているという違いがあります。
また、通常の通貨は発行上限はありませんが、ビットコインは発行上限額が決まっているので、コインの供給が誰かによってコントロールされることはなく、貴金属や天然資源に近い性質をもっています。
そのほかにも、ネット上に存在するデータしかないため、送金が簡単で、クレジットカードのように高い手数料をとられることもなく、海外送金や取引も簡単に行うことができます。

政府の介入をうけない取引が可能

政府の介入をうけない取引が可能

日に日に発展を見せているビットコインですが、規制をしている箇所がすくなく、なかなか手を出せずにいる人も少なくありません。
仮想通貨を取り扱う企業は、ユーザーの資産や個人情報を守っていく必要がありますが、一度どこかでパスワードが流出してしまった場合には、総倒れになる危険性もあります。

ビットコインの取引でのリスク

  • 業者に使い込まれて資金が消失
  • 個人情報の流出
  • 業者がハッキングされて資金が盗まれる

仮想通貨には、価格変動がつきものですから、対応しようと業者に資金を預けている人も少なくありません。こういった人たちが、事件に巻き込まれた場合警察は動いてくれませんから、被害者は泣き寝入りということが少なくありません。
現在では、情報や資金は、電子化されて保管されていますから、万が一そのようなことに巻き込まれた場合は、企業側は信用を失ってしまいます。
企業は、顧客に代償を支払わないといけませんから、このような損失に適用できる保険を取り入れています。
ただ、現段階では仮想通貨を利用する時には、リスクも考えておく必要があります。